ブロックチェーンとは情報の信頼性を保障する技術

AIや量子コンピュータとともに現代の先端技術の代表格としてブロックチェーンという技術があります。

ブロックチェーン

ブロックチェーンという単語を聞くと、ほとんどの人はこんな風に思うのではないですか?

ブロックチェーン…仮想通貨のなにか?

最近ブロックチェーンという名前だけはよく聞く気がする…

ブロックチェーンとは一言で表すと情報の信頼性を保証する技術です。

と偉そうに書きましたが、私も皆さんとほとんど同じレベルでしか理解していません。本セクションでは皆さんと同じブロックチェーン初心者の私が学んだことをまとめて解説していきます。一緒に頑張りましょう!

この記事の読者
  • これからブロックチェーンについて学んでみようかなと思っている人
  • とりあえずブロックチェーンがどんなものなのかざっくり知りたい人

ブロックチェーンは仮想通貨と共に誕生した

ブロックチェーンは2009年にビットコインという仮想通貨が誕生したことで大注目を集めました。なぜかというと仮想通貨の仕組みにブロックチェーンが使われていたからです。

つまりブロックチェーンが情報に信頼性を保障することで通貨としての価値を与えることが実現したことで注目をあつめたのです。

いきなり難しいですね。順を追って説明します。

私たちが円を使うのは日本を信頼しているから

私たち日本人のほとんどの取引には日本円という法定通貨(政府に認められた通貨)が使われています。

例えばレストランに行くと私たちは料理やサービスを提供してもらうのと引き換えに円という通貨を支払う取引を行っています。しかし取引という観点では支払うものは通貨である必要はないですよね。

何か自分が持っているモノや皿洗いなどの労働によって料理の対価とすることだって出来るはずです。なぜ私たちはみんな円で取引をするのでしょう。

通貨による取引

それは法定通貨の価値は一定で信頼出来るからです。私たちは日本という国を信頼しているから国が発行している1000円札には1000円という一定の価値が保証されていると思っているわけです。

つまり私たちが普段使っている法定通貨は発行体である国を信頼しているからこそ通貨として機能しているのです。

仮想通貨は技術を信頼した通貨

では国などの信頼できる大きな組織がなければ通貨は機能しないのかというとそれは間違いです。国に代わる「信頼できる何か」があれば通貨として利用できるはずです。

そこで登場したのが仮想通貨であり、ブロックチェーンという技術です。

仮想通貨は国ではなくブロックチェーンという技術に信頼がおかれて機能しています。仮想通貨の最大の特徴はブロックチェーンによって国(中央銀行)のような通貨の管理者がいなくても通貨の信頼性を保証できるという点です。

ブロックチェーンによる仮想通貨取引

国ではなく技術を信頼することで仮想通貨は国という単位に縛られない自由な取引を可能とします。グローバル化が進む現代には必須となりそうな技術です。

まとめ

以上ブロックチェーンは何のための技術なのかということを仮想通貨を例に技術的な要素には踏み込まずざっくりと紹介しました。以上をまとめます。

  • ブロックチェーンとは管理者が不要で情報の信頼性を保証する技術である
  • 仮想通貨はブロックチェーンを信頼することで通貨として機能している
  • ブロックチェーンにより国に縛られない自由な取引が可能となる

ブロックチェーンは今や金融業界のみならず他業界にも応用されようとしています。これから加速する発展に私たちも置いてかれないようにしないといけませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました