ビットコインってなんですか?

突然ですがビットコインとブロックチェーンの違いって何でしょうか?

よく「ブロックチェーン=ビットコイン」と考えられがちですが、実は少し違います。元々ビットコインは新しい取引手段として世の中に誕生し、そのエッセンスが抽出されて整備されたのがブロックチェーンなのです。

そのためビットコインの仕組みは全てのブロックチェーンの源泉となっていて非常に大切な概念です。

本記事ではブロックチェーンの基礎となっているビットコインの論文Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash Systemを元に、ブロックチェーンがどのような仕組みで動いているのかを解説していきます。

ビットコインが解決したかったこと

そもそもビットコインは2008年に謎の人物サトシ・ナカモトによって電子取引において銀行やカード会社などの第3者を経由しない取引の実現を目的として考案されました。

現在の電子取引のシステムは銀行やカード会社など信頼できる第3者が取引を管理しています。そして私たちはそのシステムを違和感なく当たり前に受け入れていますよね。

しかし、論文ではこの現行システムには次の課題があると提言しています。

現行金融システムの課題
  • 金融機関などの第3者は取引の仲介に当たり、時として生じるトラブル仲裁のためのコストに対応するため予め手数料を課している(振込手数料など)。従ってトラブル仲裁コストを下回るような少額取引が制限される
振込手数料
  • 第3者がトラブル仲裁に入る限り非可逆的(取り消し不能)な取引が実現できない
  • 第3者がトラブル仲裁を可能とするためには顧客が信用できることが求められるため、顧客は第3者に対して必要以上の情報を提供しなくてはならない(年収など)。
情報提供

つまり電子取引では信頼できる第3者による取引の仲裁が存在する以上余計な個人情報や手数料を取られてしまうことが問題だと提起しています。

以上の問題点を解決するために考案されたのがビットコインという電子決済システムでありブロックチェーンの元となった技術です。

解決すべき技術的な問題

では第3者を介さずに直接電子取引をするにあたって何を解決すればいいのでしょうか?以下の2点が挙げられます。

  • 取引者本人からの送金である証明
  • 取引内容が改ざんされていない

上記の問題は電子署名という仕組みを利用すれば実現することができます。取引が改ざんされると署名も変わってしまうため正しい取引情報でないことが判断することができます。

しかし電子通貨の問題としてさらに考えられるのは受け取った通貨が既に他の取引に使用されている(二重支払い問題)可能性があるという問題です。

例えばAさんとBさんの間に電子通貨の取引が成立したとします。その一方で取引により電子通貨の所有者をAさんからBさんへ更新するプロセスの間にAさんは同じ電子通貨でCさんとも取引を成立させたとします。

二重支払い問題

この場合電子通貨の所有者は一人なのでCさんは対価を受け取ることができない問題が発生してしまいます。

通常の電子取引ではこのような不正が起きないように銀行などの第3者が監視していますが、第3者が存在しないシステムでは二重支払い問題を解決する必要があります。

そこでビットコイン ではP2Pネットワークというネットワーク上に参加する全ての人に全ての取引内容を共有することで相互検証するという手法を採用しました。P2Pネットワークについてはこちらで解説します。

まとめ

以上がビットコイン誕生の背景と実現にあたっての課題です。どのようにこれらの課題を解決したかについて他の記事で解説していこうと思います。

まとめ
  • ビットコインは現行の電子取引において信頼できる第3者が介在しなくても成立する取引を目的として提案された。
  • 電子取引の実現には電子署名だけでは不十分で二重支払い問題を解決する必要があった。
  • 二重支払い問題を解決するためにP2Pネットワーク上での取引を導入した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました