仮想通貨の口座を開設してみよう

仮想通貨の取引をしてみようと考えている方はまず口座の開設をしましょう。ここではDMM Bitcoinという取引所口座を例にして口座の開設方法を紹介します。

メールアドレスの登録

まずはメールアドレスを登録して口座を仮登録します。

メールアドレスを登録するとメールが送信されるのでそこに記載されているリンクをクリックすると下のような画面になり仮口座の登録が完了します。

必要事項の記入

続いて本登録をするために必要事項を記入します。まずは契約前に書面5つに全て目を通しましょう。

下にスクロールしていくと個人情報の入力を求められますので記入していきます。銀行口座の開設と同じです。

一つ引っかかる項目があるとすれば資産状況と投資経験の初回振込予定額という項目です。選択制で5万円から選択となっていますが必ずこの額を振り込めというわけではないので焦る必要はありません。

確認書類の提出

必要事項の記入が終わったら次は本人確認書類の提出です。

  • 写真付き本人確認書類(免許証など) 1点
  • 顔写真なし本人確認書類(保険証など) 2点

のいずれかをWeb上にアップロードします。例えば免許証の写真を撮ってパソコンの中に保存して提出書類欄から該当ファイルをクリックすれば提出完了です。

携帯電話のSMS認証

続いて登録した携帯電話にSMS(ショートメール)が送信されるのでそこに記載してある認証コードを入力します。

6桁の認証コードが書かれているので記入欄に入力して認証ボタンを押します。

口座開設審査と認証コード入力

SMS認証が完了すると口座審査が行われ2〜3日後に認証コードが記載された郵送物が届きます。

開封すると6桁の認証コードが記載されているのでマイページの郵送物記載の認証コード入力という欄から認証を行うと本登録完了です。

口座開設はとても簡単

仮想通貨の口座開設は銀行口座の開設同様Webだけで済ますことができてとても簡単です。

仮想通貨については私も完全に初心者なのですが、投機の対象としてではなく次世代のインフラとして何かしらのポジションは築くであろうと感じているので口座を持っておいても損はないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました