今さら他人に聞けない投資信託とは?

投資の話でよく耳にする「投資信託」とは一体どのようなものなのでしょうか?これだけは押さえておきたい投資信託の常識をご紹介します。

手間も知識も不要の投資信託

投資信託とは投資家から集めた資金を運用の専門家であるファンドマネージャーが運用する金融商品です。

投資信託には販売会社・運用会社・信託銀行が関与して成り立っています。それぞれの役割は以下の通りです。

  • 販売会社(例:◯◯証券)

投資信託の販売や換金、分配金の支払いを行います。

  • 運用会社(例:◯◯アセットマネジメント)

投資信託を製造する会社で運用の指図を行います。

  • 信託銀行(例:◯◯信託銀行)

運用会社と委託契約を結び資金を預かって管理しています。

投資信託の特徴は個別銘柄と違って様々な商品を詰め合わせたセット商品を世界中の投資家で分担して購入するため、幅広い銘柄に分散投資が少額から可能である点です。

さらに運用は専門家に任せっきりなので基本的にほったらかしで運用できる点も初心者にとって嬉しいポイントです。

投資信託のメリット・デメリット

メリット

  • 運用を専門家に任せられる
  • 世界中に分散投資が可能
  • 株や債券と比較すると少額から購入できる

デメリット

  • 元本が保証されない(投資全体に共通)
  • 手数料などコストがかかる

運用スタイルで異なる二種類の投資信託

投資信託は運用スタイルによって2つの種類が存在します。

  • インデックスファンド

市場平均並みの収益を目指すファンド。例えば日経平均株価のようになんらかのインデックス(指数)に連動するように運用されます。そのため銘柄選択や組み入れ比率は最適となるよう自動的に決定されます。

  • アクティブファンド

市場平均以上の投資収益を目指すファンド。一方でアクティブファンドでは多様な運用戦略を駆使して投資銘柄を選別します。そのため運用するファンドマネージャー(会社)によって大きく運用成績に差が生じる運用方法です。

インデックスファンドアクティブファンド
運用市場平均に連動市場平均を上回る
コスト低い高い
運用成績商品毎に差なし商品毎に差あり

アクティブファンドは組み入れ銘柄や比率が多種多様なので、運用する場合は投資に値するものか私たちが適切に選別する必要があります。そのため初心者の方々はインデックス投資信託がオススメです。

また、インデックス投資信託が初心者向きだからといってアクティブ投資信託よりも運用成績が必ず低いかというとそんなことはありません。むしろアクティブ投資信託の利回りがインデックスを下回ることも珍しくありません

1%のコスト差で運用益は大きく変わる

では実際に投資信託を購入するにあたって何を基準にするかというとズバリコストです。

投資信託は売買時はもちろん、保有中もコストがかかるので注意が必要です。

投資信託のコスト
  • 販売手数料(購入時の手数料):0 〜 4%程度
  • 信託報酬(運用管理費用):0.1 〜 2.5%程度
  • 信託財産留保額(売却時のペナルティ):0 〜 0.5%程度

アクティブファンドは銘柄の選定のための調査など手間がかかるため、信託報酬がインデックスファンドよりも割高です。

これらのうち信託報酬は投資信託を保有する間毎年かかるコストであるため低く抑える必要があります

その重要性が一目でわかるのが下のグラフです。

例えば運用成績が年3%の二つのファンドがあり、信託報酬がAファンドが0.1%、Bファンドが1%とします。これらのファンドで100万円を50年間運用した場合の資産変動を表したのが下のグラフです。

グラフを見ると50年でAファンドでは資産が250万円、Bファンドでは160万円と運用益に90万円の差が生じています。わずか0.9%の違いですが長期で運用するとその差が顕著に現れています。

コスト面においてもインデックスファンドはアクティブファンドよりも抑えられるためオススメです。

投資信託で長期・分散・積立投資を始めよう

以上をまとめると

  • 投資信託とは1つのファンドで投資先を分散することができる
  • 運用スタイルに応じてアクティブ/インデックスファンドがある
  • 少額からの積立投資が可能
  • 手数料(コスト)に注意する

このように投資信託は長期・分散・積立運用を可能とする金融商品です。まずはここから始めてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました