企業を見るときは株価と一緒にまずこれだけ見ておけ!PERとPBR

株式投資にあたって各企業の株価は非常に重要です。

では株価を見る時に現在の株価が高いのか安いのかをどのように判断するのでしょうか?その一つの基準としてPERPBRという株価指標があります。

PERとPBR

私は個別株(単体の企業の株)の売買は行いませんが、それでも企業を見る際の指標としてPERとPBRはとても有用な指標なので是非この機会に覚えておきましょう。

PERとPBR

PERとPBRとは「ある基準に対して株価が何倍か」を表した指標です。それぞれ見ていきます。

PER

PER(Per Earnings Ratio)とは企業の利益に対して株価が割安かどうかを計る指標です。計算式は以下の通りです。

PER = 株価 ÷ 1株当たり当期純利益

ここで当期純利益というのは企業の売上から様々な経費を差し引いて税金を払って最終的に手元に残った利益のことです。そのため当期純利益は全て株主のもので、配当に回したり今後の投資のために貯金したりと株主の自由に使えるお金です。

当期純利益

ここで「1株当たり」という言葉が気になるので、右辺の分母・分子を発行済み株式数で掛け算してみましょう。株価×株式数=時価総額なので下のように表すことができます。

PER = 時価総額 ÷ 当期純利益

このように考えるとわかりやすいのではないでしょうか?つまりPERとは企業の全ての株式を買い占めてオーナーとなった場合に投資したお金の元手を取り返すのに何年かかるかを表しています。

PER

例えば時価総額1億円の企業の当期純利益が1000万円ならばPERは10ですね。つまりPERは値が低いほど株価は割安と考えることができます。

PBR

PBR(Price Book-value Ratio)とは企業の純資産に対して株価が割安かどうかを計る指標です。計算式は以下のように表せます。

PBR = 株価 ÷ 1株当たり純資産

企業の純資産がなぜ株価に関係しているのかというと、株主の権利の一つとして企業が解散した際に債務返済後のお金を受け取ることができるのです。

このように考えるとPBRが1を下回っている場合というのは株価よりも1株当たりの純資産が上回っています。

つまりPBRが1以下というのは株価を購入した瞬間に企業が解散した場合、株価以上の金額を受け取ることができることを表しています。そのため株価は割安であると判断することができます。

指標が低ければいいってものじゃない

ここで一つ注意しておきたいのは、当たり前のことですがこれらの指標の値が小さい企業の株式を購入すれば利益を出せるというわけではありません。もしそんなことができたら誰も損しませんよね。

あくまで株式の割高割安を判断する指標であることを忘れないようにしましょう。

できれば知っておきたいROE

最後にもう一つの指標としてROE(Return On Equity)と呼ばれる指標について紹介します。この指標は株価の指標ではなく会計の指標ですが、企業の収益力を表す指標としてよく用いられています。

ROEは株主のお金である自己資本を元手にしてどれだけの利益をあげたかを表していて、以下のように計算することができます。

ROE = 当期純利益 ÷ 自己資本 × 100

株主のお金は純資産では?と思った方はこれまでの話をよく理解されています。そうですね。厳密には自己資本と純資産は異なりますがほとんど同じと考えて差し支えありません。

企業の当期純利益だけをみてしまうと規模の大きい企業の方がどうしても大きくなってしまうため、規模の大小にかかわらず企業の稼ぐ力を測ろうという指標がROEなのです。

ROEが高いほど収益力の高い優良な企業と言え、企業価値向上によって株価の上昇が期待できます。

実はROEとPBR・PERにはある関係性があるのですが、この点については別の記事で紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました