損益計算書は5つの利益を押さえれば理解できる

損益計算書は収益から費用を引いて残った利益や損失を表したものです。

5つの利益

損益計算書を理解するにあたって5種類の「利益」を押さえる必要があります。

  • 売上総利益
  • 営業利益
  • 経常利益
  • 税引前当期利益
  • 税引後当期利益

売上総利益

売上総利益とは私たちが最も理解しやすい「利益」で、売上高(どれだけ商品やサービスを売ったか:商品単価x売った個数)から売上原価(製造コスト)を引いたものを指します。

つまり売上総利益は企業が商品やサービスにどれだけの付加価値をつける力があるかを表していると言えます。

営業利益

売上総利益から販売費および一般管理費(商品の販売にかかった費用や広告宣伝費など)を差し引いたものを営業利益といいます。

営業利益は本業の営業活動(自動車を販売するなど)でどれだけ利益を挙げているかを表しているといえます。

経常利益

通常企業の活動は本業の営業活動とは別の部分においても収益や費用が発生しています。

例えば会社の儲けは設備投資や給料に回される他に銀行預金に回されています。すると預金に対して利息収入が発生します。逆に銀行からお金を借りている場合利息を支払う必要があります。

このような収益または費用は営業外損益と呼ばれ、営業外損益を先ほどの営業利益から差し引いたものを経常利益といいます。

よく就活生の間で企業を見るにはその企業の経常利益を見ろと言いますが、それは経常利益は通常の営業活動や財務活動から生じる利益を表しているからです。

ですがそれぞれの利益の意味を考えると営業利益こそ重視されるべきではないでしょうか?

税引前(後)当期利益

最後に特別利益・特別損失という通常の企業の事業活動以外から生じる損益(土地の売却益など)を差し引いた企業の全ての活動から生じる利益税引前当期利益といいます。

ここから法人税を引いたものを税引後当期利益といい、最終利益や純利益と呼ばれます。この税引後当期利益を元に企業は株主に対してその年の配当を決定しています。

以上5種類の利益をまとめると損益計算書の仕組みは以下のように表すことができます。

売上高商品・サービスの販売額
売上原価製造コスト
③=①ー②売上総利益商品の付加価値がどれだけか
販売費および一般管理費販売や管理活動にかかった費用
⑤=③ー④営業利益本業の営業活動から生じた利益
営業外損益営業活動以外で生じる収益や費用
⑦=⑤+⑥経常利益通常の営業・財務活動から生じた利益
特別損益本業以外の財務活動から生じた収益や費用
⑨=⑦+⑧税引前当期利益企業の前活動から生じた利益
法人税等
11=⑨ー⑩税引後当期利益税金を差し引いた後の最終利益

損益計算書を読む

では各項目を踏まえた上で実際に損益計算書を読んでみましょう。下には税引前当期利益が等しい二社の損益計算書を示します。

A社B社
売上高100100
売上原価8075
売上総利益2025
販売費および一般管理費1015
営業利益1010
営業外収益・費用▲6▲2
経常利益48
特別利益・損失2▲2
税引前当期利益66

二社の損益計算書は本業の収益力である営業利益では共に10%と並んでいるものの、営業外損益においてA社はB社に比べて4%の差が生じています。

営業外費用は大部分が支払い利息など営業活動のために使った資金に対するコストであり、A社は利息が嵩んでしまい経常利益においてはB社の半分に落ち込んでしまっています。

しかし特別損益の存在によって当期の利益は二社並んでいる状態となっています。

つまり最終的な利益(ここでは税引前当期利益)が同じ企業でも損益計算書を読むとB社の方が収益力が大きいことを把握することができるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました