投資初心者はつみたてNISAから始めよう

2018年から開始したつみたてNISAをご存知ですか?名前だけ知っているという方も多いのではないでしょうか。

このつみたてNISAは少額から始めることができて、投資利益を丸ごと自分の儲けとすることができるため20代からの資産運用にオススメの制度です。

この記事の対象者
  • つみたてNISAは名前ぐらいしか知らないなあという人
  • 投資は始めてみたいけど何から手をつけたらいいかわからない人

そもそもNISAとは?

NISAとは少額投資非課税制度のことで、通常投資利益にかかる約20%の税金を免除するという制度です。

例えば投資で100万円の利益を挙げたとすると通常は約20万円税金に持っていかれてしまいますが、NISAを利用した場合は100万円丸ごと受け取ることができます。

NISAは税金を回収できないので政府にとってメリットはありません。それでも私たちに投資を始めてくださいと呼びかけようとしているのが伝わります。

ではこのNISAですが一般NISAとつみたてNISAの二種類あり、どちらか自分に適した方を選ぶ必要があるのでこれらの違いを説明していきます。

一般NISAとつみたてNISA

一般NISAつみたてNISA
利用対象者20歳以上20歳以上
年間非課税投資枠120万円40万円
非課税投資期間投資した年から最長5年間投資した年から最長20年間
投資可能期間2023年まで2037年まで
非課税対象株・投資信託・ETF・REIT投資信託・ETF

一般NISAとつみたてNISAの大きな違いは以下の3つです。

  • 1年間の投資可能枠
  • 投資できる期間
  • 購入できる金融商品

1年間の投資可能枠と投資期間

一般NISAでは年間120万円、つみたてNISAでは年間40万円分投資が可能です。

ただし購入した金融商品が非課税となる期間が異なり一般NISAでは5年間、つみたてNISAでは20年間となっています。

例えばNISA口座を開設した場合を考えてみます。1年目に120万円分の株式を購入したとするとそこから5年間は株の利益に税金はかかりません。2年目には再び120万円分購入することが可能となり同様に5年間非課税となります。

注意が必要なのは6年目になると初年度に購入した株式の非課税期間が終了する点です。つまりN非課税で投資が可能な額は最大で120万×5年=600万円ということになります。

つみたてNISAの場合は年間の購入額が40万円に減って非課税の期間が20年に伸びたと考えてください。

購入できる商品

一般NISAでは株式やETF・投資信託・REITを購入することができますが、つみたてNISAでは長期・積立・分散投資が可能となる投資信託、ETFのみ購入できます。

20代はつみたてNISAを選ぼう

以上をふまえると一般NISAとつみたてNISAはこんな人に向いていると言えます。

一般NISA:ある程度のリスクを取って利益を狙いに行きたい人

つみたてNISA:長い積み立てでリスクを抑えてコツコツ投資したい人

では私たち20代はどちらを選べば良いかというとつみたてNISAをお勧めします。

つみたてNISAは長期・積立・分散投資を前提とした制度です。長期・積立・分散投資の有効性についてはこちらで書いています。

一般NISAは非課税期間が5年間であるため、短期間で積極的に運用して利益を狙っていく人が対象であり初心者の私たちには向いていないでしょう。

有効な投資である長期・積立・分散投資を税金をかけないよと政府が後押しをしてくれている今始めない理由はありません。

月3万円からコツコツ投資

つみたてNISAは月1000円でも5000円からでも始められます。金融商品の購入は2037年までなので後伸ばしにするほどチャンスを失ってしまいます。

少額でもいいからまずは始めてみることがとても大切です。

投資を勉強したいけど何から始めればと思っている20代の方は月1000円でもつみたてNISA始めてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました