社会人になるなら財務表が何かくらいは知っておきたい

財務3表(財務諸表)という言葉をご存知ですか?

簿記を勉強した方であればよく知っているものでしょうし、そうでない方も就職時期になると

できそうなお兄さん
できそうなお兄さん

財務3表は読めるようになっておいた方がいいよ〜

と一度は言われたことがあると思います。

ですがいざ本屋で会計や簿記の本を開いてみると難しい話ばかりでよくわからない、、、そんな経験はありませんか?

ということでこの記事ではそもそも財務3表とは何かという最も基本的なことを紹介します。

財務3表とは?

財務3表とは企業活動を数字化したもので以下の3つで構成されます。

「損益計算書(PL)」「貸借対照表(BL)」「キャッシュフロー計算書(CS)」

企業活動とはお金の視点で考えると次の3点に集約することができます。

  • お金を調達する
  • 投資、運用する
  • 利益をあげる

この3点はどんな事業の会社でも共通したプロセスであるため、財務3表を理解することで会社の全体像を理解することができます。

ではそれぞれが何を表しているのかを押さえましょう。

損益計算書

損益計算書は英語で”Profit and Loss statement”といい頭文字をとってPLと略されます。

損益計算書はその名の通り会社がどれだけ利益や損失をあげたかということを示しています。

損益計算書
ビックカメラ4半期報告書より

上の表はビックカメラの実際の損益計算書です。たくさん項目が並んで意味がわからないですが、一番上の売上から様々な費用を引いて出た利益がどれだけかを示しています。

ただし一口に「利益」といっても会計では5種類の利益があることには注意が必要です。

この企業は営業利益はよくても経常利益がなあ

みたいな言葉を聞いたことありませんか?ここが会計のめんどくさいところですね。しかしここは我慢です。会計の「利益」についてはこちらをご覧ください。

貸借対照表

貸借対照表は英語で”Balance Sheet”といい頭文字をとってBSと略されます。

貸借対照表のBalanceとは「残高」つまり企業の財産の残高を表します。先程の企業活動で考えるとお金をどのように調達し、何に投資・運用をしたかということを示しています。

貸借対照表は簿記を勉強すると貸方借方という言葉が登場して混乱しがちですが、シンプルに考えて右側に資金をどのように調達したか、左側に調達した資金が形を変えて何に投入されているかを表しています。

貸借対照表の各項目や具体的な見方についてはこちらをご覧ください。

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書は英語で”Cash Flow Statement”といい頭文字をとってCSと略されます。

キャッシュフロー計算書では企業のキャッシュにどれだけの収入・支出があったかが示されています。

損益計算書との違い

一見損益計算書と同じように思えますが、両者の違いは「利益」「キャッシュ」と扱うものが異なる点です。つまり利益がプラスでもキャッシュがプラスとは限らない状況が起きるのです。

最大の例が黒字倒産です。黒字倒産とは会計上利益はプラスなのにキャッシュが滞り倒産してしまうという状態です。

なぜこのようなことが起きるかというと、会計のルールでは

代金回収が保証されていれば商品やサービスが提供された時点で売上として計上する

とされているのが原因です。

例えば私が友達に500万円の車を10台売るとして、支払いは全員1年後にしたとしましょう。この時車の売買が成約した時点で会計上は一人500万円分の売上が計上されるため利益が発生したことになります。

しかし実際に代金をもらったわけではないので手元のお金は増えておらず、1年間収入なしで過ごさなくてはいけなくなり生活費が払えなくなって破産してしまったというわけです。

このように損益計算書では把握できない欠点を補うためにキャッシュフロー計算書が存在しているのです。

キャッシュフロー計算書の詳細はこちらに書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました