キャッシュフロー計算書は3つのパートを理解しよう

キャッシュフロー計算書は企業の現金の出入りを示したもので、バランスシートにおける1年の現金・預金増減の内訳を知ることができます。

株式会社すかいらーくホールディングス四半期報告書

キャッシュフロー計算書の3つの構成

キャッシュフロー計算書は以下の3つのパートによって構成されています。

  • 営業活動によるキャッシュフロー
  • 投資活動によるキャッシュフロー
  • 財務活動によるキャッシュフロー

営業活動によるキャッシュフロー

営業活動によるキャッシュフローは企業がどれだけ儲ける力を持っているかを表しています。

同業の企業を比べた際、営業キャッシュフローが高い場合はその企業は儲ける力が大きいことがわかります。また営業キャッシュがマイナスである場合、儲けよりも仕入れや人件費が高くついてしまっていて経営に問題があると考えられます。

ここで注意したいのは損益計算書では利益はプラスとなっているにも関わらずキャッシュフロー計算書がマイナスである場合です。

なぜ損益計算書ではプラスにもかかわらずキャッシュフロー計算書ではマイナスになるのかというと、注目しているものが「利益」と「キャッシュ」だからです。

つまり売上はあるものの代金の回収ができておらず、手元にキャッシュが存在せず資金繰りが苦しい状況だと判断することができます。

投資活動によるキャッシュフロー

投資活動によるキャッシュフローは企業が何に投資していてどれだけ投資活動に積極的であるかを読み取ることができます。

投資活動でキャッシュフローがプラスである場合、土地や株式を売却して現金に替えて儲けているとわかります。またマイナスである場合は工場や店舗への投資や有価証券の購入に使われているということを表しています。

基本的には投資活動によるキャッシュフローは設備投資などでキャッシュが出ていくためマイナスとなります。そのため営業キャッシュフローと投資キャッシュフローの和がプラスかが企業の健全な経営を判断する指標となります。

両者の和がプラスということは投資活動による支出を補う以上に営業活動で儲けを出しているからです。

財務活動によるキャッシュフロー

財務活動によるキャッシュフローは企業の資金調達や返済の状況を示します。財務活動とは資金調達や儲けたキャッシュの配分を指します。

財務キャッシュフローがプラスである場合は営業活動や投資活動によるキャッシュフローがマイナスで資金調達が必要になっていると考えることができます。調達先は銀行からの借入金や社債発行などです。

一方で財務キャッシュフローがマイナスの場合は借入金を返済したり配当金を支払っています。

つまりこの財務活動によるキャッシュフローのパートから企業の財務戦略を読み取ることができるのです。

まとめ

キャッシュフロー計算書における3つのパートを紹介しました。

  • 営業活動によるキャッシュフロー:企業の儲ける力
  • 投資活動によるキャッシュフロー:企業の投資先や積極性
  • 財務活動によるキャッシュフロー:企業の財務戦略

3つのパートは下のように企業の基本活動にそれぞれ対応していて理に適った構造をしているのです。

  • 資金を調達する→財務活動によるキャッシュフロー
  • 投資する→投資活動によるキャッシュフロー
  • 利益をあげる→営業活動によるキャッシュフロー

コメント

タイトルとURLをコピーしました