仮想通貨はなぜ注目を集めているのか

仮想通貨とは実態を持たない通貨のことです。

仮想通貨

仮想通貨の発端となったのは2008年にサトシ・ナカモトと名乗る人物が突如ビットコインという仮想通貨に関する論文をメーリングリストに流したことでした。

仮想通貨が誕生した背景には主に二つの社会的課題が挙げられます。

  • リーマンショックという未曾有の金融危機により自国の通貨への信頼がなくなった
  • 現代の送金システム(特に外国間の送金)は複雑すぎて不便

これらの課題の解決策として登場した仮想通貨ですが、実際何のために存在してなぜこれほど注目されているのでしょうか

仮想通貨で何ができるのか

現在仮想通貨が非常に注目を集めている理由として以下の理由が挙げられます。

  • 送金が簡単で安い
  • 通貨として利用できる
  • 投資の対象となる
  • 避難通貨となりうる

それぞれどういうことか紹介していきます。

送金が簡単で安い

仮想通貨の最大の特徴として金融機関や国などの第三者を介さないで送金が可能であるという点が挙げられます。

送金

例えば海外に留学している子供へ日本から送金しようとすると、現代の金融システムでは送金の仲介に金融機関が入るため時間がかかる上大幅に手数料を取られるというのが現状です。

仮想通貨の場合インターネットに繋がっていれば個人間ですぐに送金が可能なため時間も手数料も減らすことができるという大きなメリットがあります。

通貨として利用できる

仮想通貨は名前の通り「通貨」として使用することができます。日本ではまだまだ導入している店舗が少ないため実感が少ないかもしれませんが、ビックカメラやコジマではビットコインによる決済が可能です。

最近よく見る「○○ペイ」のように商品のQRコードを読み取ることで送金・決済が可能です。

投資の対象となる

正直上の2点の特徴は私たちにとってそこまで魅力に感じないかもしれません。1つ目は日本が円という通貨で閉じているから海外送金のメリットは感じにくい上、2つ目は日本円の決済で十分という感想を持つのが普通だと思います。

ではなぜ多くの人が仮想通貨に注目しているかというと、ほとんどの人は仮想通貨を投資対象として見ているからです。

ビットコインは2009年に発行され、2010年に最初に取引されたときは1BTC(ビットコインの単位)=0.2円でした。しかし7年後の2017年には1BTCは200万円を突破しなんと当初の価格の1000万倍以上に上昇したのです。

ビットコインの価格

株式をはじめとして他のどんな金融商品を見ても短期間でこれほど大きな値動きをする商品はありません。そのため大きな投資チャンスとみてみんなが注目しているのです。

避難通貨となりうる

最後に仮想通貨の存在意義として私が注目すべきだと感じた避難通貨としての側面について紹介します。

避難通貨

最初の仮想通貨であるビットコインが登場した2008年はちょうどリーマンショックという世界規模の金融危機が起きた時期でした。金融危機や経済に打撃を与える出来事が起きると自分の国の通貨の価値はどんどん下がっていきます。

自分の資産を円という単一の通貨のみで保有していると資産が円の価値に左右されるためリスクでしかありません。そこでリスクを減らすために資産を円から仮想通貨へ避難させる目的として仮想通貨は存在意義があると言えます。

まとめ

仮想通貨とは実態のない通貨を指し、以下のような特徴を持っている。

  • 送金が簡単で安い
  • 通貨として利用できる
  • 投資の対象となる
  • 避難通貨となりうる

コメント

タイトルとURLをコピーしました