バランスシートの右は「資金をどうやって集めたか」

貸借対照表(BS:バランスシート)は企業が資金をどのように調達して何に投資・運用をしているかを表したものです。

本記事では貸借対照表(以下バランスシート )の中身について説明します。

3つの区分

バランスシートは大きく分類すると資金の「調達」と「運用」に分けることができますが、細かく見ると3種類の性質のものに分けることができます。

  • 資産:企業の財産(土地、設備、有価証券など)
  • 負債:返す必要のあるお金(借金、銀行からの借入金、社債など)
  • 純資産:返す必要のないお金(資本金、利益剰余金など)
バランスシート

つまり資金の調達は「他人から借りたお金(負債)」「自分自身のお金(純資産)」に分けられ、それらの資金が使われた先が資産に計上されていると考えることができます。

今回はバランスシートの右側である資金の調達の詳細について紹介していきます。

資金調達の手段

まずはバランスシートの右側である資金の調達の部分の詳細について見ていきます。企業が資金を調達する方法は主に2種類です。

  • 有利子負債による資金調達
  • 株式発行による資金調達

有利子負債による資金調達

有利子負債による資金調達には銀行からの借入社債の二つに大きく分けられます。

これらの調達手段は他人からお金を借りているためいつかは返さなくてはいけないお金です。そのため負債に計上されています。バランスシートでは下に示した部分に相当します。

ここで、これらの項目は負債の中でも固定負債という分類がされていますが、固定負債・流動負債というのはお金を返す期間の違いを表しています。1年以内に返す負債を流動負債、1年を超えて返済が許される負債を固定負債と分類しています。

株式発行による資金調達

次に株式発行による資金調達です。これは株式を発行して投資家たちに株式を購入してもらうことによって資金を調達するという方法です。

株式による資金調達はバランスシート上ではイメージしづらいですが資本金に該当します。

資本金というのは企業を立ち上げるときに元手として払い込みをしたお金のことです。つまり直感的には創設者の元手のお金と考えることができます。

ここで株式発行というのは事業を立ち上げる上で出資金を募るために行われるものです。株式によって集めたお金は株主らに返済する義務はありません。(よく株が暴落して大損したという話を聞きますよね)

そのため株式発行により調達した資金は事業立ち上げの元手と考えることができ、純資産の資本金に分類されるのです。

ちなみに純資産の他の項目である剰余金というのはこれまでに稼いだきたお金の積み上げのことを指しますが詳細は割愛します。

その他の項目

上の二つが企業の主な資金調達の手段です。しかしバランスシート上ではまだまだたくさんの項目が羅列されています。

これらは流動負債に分類されています。流動負債に分類されている項目は一時的にお金を支払っていない状態のものが主に計上されています。

例えば私たちが友達とご飯を食べに行ったときに、会計で一旦自分の食事代も友達が払ってくれたとしましょう。私は友達に「来週返すね」と言ってその日は別れた状況に似ています。

会計では商品やサービスが提供された時点で計上することがルールとなっています。しかしお金を実際に払ったわけではないので、そのような場合に流動負債に計上するのです。

まとめ

以上今回はバランスシートの右側である資金の調達について紹介しました。バランスシートの右側の項目としては大きく3つに分けることができます。

  • 流動負債:1年以内に返済するお金(一時的に支払いしていないもの)
  • 固定負債:1年を超えて返済してよいお金(銀行や投資家からの借金)
  • 純資産:元々用意したお金(株式発行による調達金も含む)

このように考えると小難しいバランスシートも少しはスッキリとして見えてきませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました