バランスシートの左は「資金が何に使われたか」

今回は貸借対照表(以下バランスシート)の左側である資産の中身について説明します。

資産とは企業が調達したお金を何に投資・運用したかを示しています。そのため当たり前ですがバランスシートの左側(資産)と右側(負債+純資産)の合計は常に等しくなっています。

流動資産と固定資産

負債は流動負債と固定負債に分類されると説明しましたが、同様に資産も流動資産固定資産に分類されます。

  • 流動資産:すぐに(1年以内)現金化できる資産
  • 固定資産:1年以内に現金化する予定のない資産

流動資産

流動資産には次のようなものが挙げられます。

  • 現金、預金
  • 有価証券(短期の株式など)
  • 売掛金
  • 受取手形
  • 商品(棚卸資産)

現金、預金、有価証券については非常にイメージがしやすいと思いますが、売掛金や受取手形に関してはあまり聞き馴染みの無いものだと思います。

売掛金とはまだ現金として受け取っていない商品の代金のことです。

売掛金

通常会社が商品を取引する際はコンビニで商品を買うようにその場で現金取引を行うことはせず、翌月末払いなどの条件のついた取引を行います。このような形態の取引を「掛け」と呼びます。

商品は取引相手に納めているため会計上そのうち現金になる資産として売掛金が計上されます。

受取手形とは商品を販売した際に代金を掛けで受け取る際の約束手形を指します。

約束手形

約束手形とは手形の作成者(振出人)が受取人(名宛人)に対して一定の期日に額面の金額を支払うことを約束した証券のことを指します。小切手と似ていますが「一定の期日後」に現金化可能となる点で少々異なります。

約束手形を受け取ったら銀行に預けておきます。すると期日になると振出人の口座から名宛人の口座に代金が振り替えられて決済が行われます。

固定資産

一方で固定資産は現金化するのに時間がかかる資産を指します。さらに固定資産は有形固定資産無形固定資産に分類されます。この二つは名前の通りです。下のように実体を伴うか否かで分類することができます。

  • 有形固定資産:土地、建物、機械設備など
  • 無形固定資産:営業権、特許権、子会社の株式など

バランスシートの注意点

以上バランスシートの左側である調達した資金の運用先の資産について紹介しました。右側の資金の調達についてはこちらで紹介しています。

ここで改めて注意したいのは企業の調達したお金は資産に計上されている項目に運用されているということです。

勘違いしがちなことですが企業がすぐに使えるお金とは資本金ではなく現金・預金です。つまり元手である資本金は形を変えて資産となっているためすぐに現金として動かすことはできない点は注意が必要です。

さらにバランスシートは決算日当日の状況のみを反映しているため今現在の企業の使えるお金の状況はわからないという点も押さえておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました